アリパラ実験室「厚紙とストローで作るハニカムグリッド」

16B_2878.jpg
お世話になっております。アリスパラノイアのユキムラモロカズです。
今回は、ハニカムグリッドを自作し、どこまで使い物になるか、試してみました。
 
■ハニカムグリッドとは
機材_ハニカムグリッド
(上の写真は、大型ストロボ・モノブロックストロボ用)

ハニカムグリッドは、ストロボ光の拡散を抑えるアクセサリーです。「被写体だけに光を当て、周囲には光を回さない」といったライティングの時に便利です。(具体的な効果については、こちらの記事にまとめております。)

クリップオン用のハニカムグリッドも市販されていますが、安く簡単に自作できるのではないかと思い、試してみました。

■材料
16B_2814.jpg
①黒の厚紙(400g/㎥)
②黒のストロー


どちらも、百均で売ってます。

16B_2878.jpg
厚紙で筒を作り、その中にストローを詰めただけの簡単設計です。

分解すると、こんな風になるので、持ち運びも便利かと。
16B_2894.jpg

※なお、モデリングランプのないクリップオンストロボの場合、発熱がないので、紙やプラを使っても問題ないですが、モデリングランプの付いているストロボの場合、破損・発火の危険がございますので、この方法では作らないでください。

■効果の検証
実際の効果を検証してみました。

・カメラ設定:ISO100・F8・1/125
・クリップオンストロボ1灯で斜めから当てる。
・自作ハニカムグリッド以外に、光を遮る道具(黒カポックなど)は使わない。

まずは、何も付いてない状態のクリップオンストロボの光
16B_2845.jpg

自作ハニカムグリッドを付けると
16B_2837.jpg

自作でも、意外に、使い物になりますね。

ついでに、ストロボを横置き(発光部が縦長)にした場合も撮ってみました。
16B_2876.jpg

以上、厚紙とストローで作るハニカムグリッドでした。
スポンサーサイト

theme : 撮ってみた
genre : 写真

プロフィール

ユキムラモロカズ

Author:ユキムラモロカズ
アリスパラノイア・スタジオとカメラマン・ユキムラモロカズの活動をお伝えするブログです。


http://alice-paranoia.com



moro@alice-paranoia.com


twitter: alipara_studio

最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム