スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリパラ実験室「ドール撮影」

15A_4628.jpg

お世話になっております。アリスパラノイア・スタジオのユキムラモロカズです。
ツイッターでは、随時公開しておりましたが、ドール撮影の習作を、ブログ記事としてまとめました。

アリパラは、人物撮影がメインのスタジオではありますが、もっと自由に、色々な事を、スタジオでご提供できないかと考え、スタジオと自分の練習として、撮影したものです。

■1回目
15A_1445.jpg
最初に撮影した写真です。無難に座りのポーズで撮影しました。

ライティングは、大型ストロボを贅沢に使い、柔らかい光を作りました。詳細は下図をご覧ください。(私が人物撮影の際に使っているテクニックの応用です。)

back_light_set.jpg

光量の少ないストロボなどで、手前から当てると、光の拡散が足りず、肌や髪が固く写るかな、と考えての策でした。

■2回目
15A_3425.jpg
2回目の際は、アリパラの備品をうまく使えないかと、薔薇の背景作りました。人物撮影の際に使っているオリジナル備品「きせかえBOX」を使ってます。(詳細はこちらの記事をご覧ください。)

■3回目
15A_3558.jpg
3回目は、今度はドールを立たせての撮影にチャレンジしました。片脚の後ろに針金を隠し、その針金で腰を固定してます。針金の強度が足りず、「ポーズの不自然さ」「衣装の位置の調整不足」が起きたのが反省です。

ちなみにライティングは1回目と同じですが、こちらは、編集時、ビビットな色味に調整してみました。

■4回目
15A_4628.jpg
3回目の経験を元に、固定器具を自作しての撮影です。固定がしっかりしましたので、「片脚・つま先立ち」が撮れるようになりました。

ちなみに、固定器具はこんな感じです。(2サイズ作りましたが、撮影には1つしか使ってません。)
ドール用支え

材料
・軸:ピアノ線(炭素鋼)←傷防止の為、熱収縮チューブで覆ってます。
・アーム:オビツ製作所のマルチスタンドのパーツを使いました。

以上です。

アリスパラノイア・スタジオは「ドール撮影会&お茶会・オフ会」などの会場としてのご利用も、大歓迎です。
なんでも、お気軽にご相談ください。楽しい時間をご提供できるように、お手伝いさせて頂きます。
また、素敵なお写真が撮れるように、ライティングや背景製作については、サポートさせて頂きます。

私自身、ドール文化に精通している訳ではありません。勉強中の身です。少しでも、ドールオーナーさんのお気持ちを理解できるように、真摯に学ばなければいけいないと考えおります。つきましては、ご意見・ご要望などは、沢山おっしゃって頂けると、とても助かります。お客様の声が、一番の勉強になのです。遠慮なくお知らせください。

スタジオのご予約は、HPにて、承っております。また、お問い合わせは、 メールにご連絡ください。

何卒よろしくお願いします。
スポンサーサイト

theme : 撮ってみた
genre : 写真

comment

Secre

プロフィール

ユキムラモロカズ

Author:ユキムラモロカズ
アリスパラノイア・スタジオとカメラマン・ユキムラモロカズの活動をお伝えするブログです。


http://alice-paranoia.com



moro@alice-paranoia.com


twitter: alipara_studio

最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。