アリパラ実験室「プラ棒でサイリウムを作ってみた」

Psyllium_F4_5.jpg

アリスパラノイア・スタジオのユキムラモロカズです。
今回は、ステージ風撮影のアレンジ案として、プラ棒を使ってサイリウムを再現してみました。

勿論、原寸大ではなく、ミニチュアです。ミニチュアをカメラの手前に置いて撮影しております。
 
■仕組み
①箱を作り、内側を銀紙で覆う。(幅420×奥行160×高さ150mmで作りました。)
②箱の上部に透明プラ棒を刺す。(タミヤの「透明ソフトプラ材2mm」を使用。適度に切断し、約100本を刺してます。)
③箱の中に、ストロボとセロハンを仕込む。(クリップオンストロボ1灯とヒカル小町3灯入れてます。)
④被写体から離れた位置に、箱とカメラを設置。

※今回の設定
・レンズの焦点距離:75mm
・ISO:100・シャッタースピード:1/125
・被写体からミニチュアの距離:約4m
・被写体からカメラの距離:約4.4m


■F値によるボケの違い

F4.5の場合
Psyllium_F4_5.jpg

F6.3の場合
 Psyllium_6_3

以上です。

まばらな方がサイリウムっぽいかとも思ったのですが、今回は、賑やかな雰囲気にしたがよいと判断し、密集させてます。また、プラ棒の断面に光円ができていて、これはこれでキレイなのですが、サイリウムっぽくないかな、という反省もあります。材料・加工・設置方法を工夫する事で、よりサイリウムの雰囲気に近づける余地はあると思います。

今回、作った箱は、保管しておきます。アリスパラノイア・スタジオご利用の際、ご必要であれば、無料でお貸出しさせて頂きます。

何卒よろしくお願いします。
スポンサーサイト

theme : 撮ってみた
genre : 写真

プロフィール

ユキムラモロカズ

Author:ユキムラモロカズ
アリスパラノイア・スタジオとカメラマン・ユキムラモロカズの活動をお伝えするブログです。


http://alice-paranoia.com



moro@alice-paranoia.com


twitter: alipara_studio

最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム