スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリパラ実験室「風船で背景を作ってみました!」

1s_4_c.jpg
2015/2/13 モデル:ちゃきさん

こんにちは。アリスパラノイア・スタジオのユキムラモロカズです。

この写真は、ユキムラの個人作品として撮影したものですが、風船をつかった背景は、アイドルのコスプレなどにも使えるかなと思い、背景の仕組みについて、アリパラ実験室にまとめてみました。

ちなみに、ユキムラ個人の作品は、tumblrにまとめております。
 
1s_4_c.jpg

1s_4_c.jpg

■作り方
①ネットを拡げて、天井から吊るす。
②ネットを床にパーマセルテープで固定。ネットをピンと張る。
(2m幅のネット2枚を使い、高さ2.5m×幅4mにネットを張ってます)
③ネットに風船をパーマセルテープで貼付け。
④風船と風船の隙間が気になる部分は、その隙間を埋めるように、風船を上からセロテープで貼付け。

以上です。

ネットを使う事で、ヘリウムを使わず宙に浮かす事ができます。

また、ネットと壁の間に隙間がありますので、中にストロボを仕込む事ができます。
ストロボ光により、ネットは、ほとんど白飛びしてしまいます。

見本写真は、中央にモノブロックを1台設置し、白壁で反射させて、逆光を作っています。
(一番最初の写真は、ストロボ光が行き渡ってなかった四隅だけ風船の間にネットが写っておりましたので、レタッチで消しております。次回同じシチュエーションで撮るなら、モノブロックの光量を強めるか、左右の端にスレーブストロボを追加して、ネットを消そうと思います。)

■サイズと使用数について
風船は9インチサイズを使っています。

今回の写真では、高さ2.5m×幅2.6m程度に風船を貼りました。
使用した風船は、床も含め、約300個です。(贅沢に重ねてた為に、個数は大分使いました。)

スタジオの広さを考えると、最大高さ2.5m×幅5mぐらいの大きな風船の壁を作る事ができますが、床分も含め、500程度(見本写真と同じ密度につくるなら600個)の風船が必要になると思います。

■シミュレーション
高さ2.5m×幅5m・500個と、今回の見本の約2倍の幅で作った場合の作業時間を計算してみました。

①カメラマンさんも含め、10人の集合
②5人が風船を膨らませる係(ポンプを使用)
③5人が風船を取り付ける係(②と並行してネットの設置・貼付作業)
④1個の風船を膨らませる時間:20秒

※風船とポンプはお持ち込みください。
(スタジオにも、ポンプは1台ありますが、1台だけでは時間がかかりますので)

(20秒×500個)÷(作業人数5人)=2,000秒=約33分

以上、風船を使った背景でした。

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

theme : コスプレ
genre : 写真

comment

Secre

プロフィール

ユキムラモロカズ

Author:ユキムラモロカズ
アリスパラノイア・スタジオとカメラマン・ユキムラモロカズの活動をお伝えするブログです。


http://alice-paranoia.com



moro@alice-paranoia.com


twitter: alipara_studio

最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。