アリパラ実験室:クラフト紙を使った岩表現その2



お世話になっております。アリスパラノイア・スタジオのユキムラです。

前回に引き続き、「クラフト紙を使った岩表現」にチャレンジです。
今回は、昭和テイストな「悪の秘密結社のアジト」風背景、を作ってみましたよ。

どういう物を使ったかは、下記にて。
 


・天井から吊るしたポールに、クラフト紙を吊るして、床まで拡げております。
・地下の岩場みえるように、適所にグチャグチャにしたクラフト紙を追加。
・壁となるクラフト紙の前に赤のカーテンを2枚設置。
・アルミダクトホースを4本、床に這わす。
・直径50cmの透明樹脂性のボールの中に、「赤と青のセロハン」で2重に包んだスレーブストロボ2灯を設置。
・透明のコップ(赤と青)に入れたスレーブストロボを床に5灯設置。

以上です。

実際に人物を撮影する際は、スヌートやハニカムグリッドを付けたストロボで、人物だけを照らすとよいかなと思います。

正直言って、これ作ったところで、需要あるのかないのか、分からないんですけどね。
でも、こういう狭い所をやって行くのも、アリパラ実験室かなと。

まあ、思いついたのだから、仕方ないですね。

これからも、色々、実験していきますね。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

ユキムラモロカズ

Author:ユキムラモロカズ
アリスパラノイア・スタジオとカメラマン・ユキムラモロカズの活動をお伝えするブログです。


http://alice-paranoia.com



moro@alice-paranoia.com


twitter: alipara_studio

最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム